TOP > 産科のご案内 > 不妊治療

避妊をしていないのに2年以上にわたって妊娠に至れない状態を
不妊症といいます。
日本では正常なカップルでは妊娠を希望し性生活を行った場合は、 6ヵ月以内に65%、1年で80%、2年で90%、3年で93%が妊娠にいたるとされています。 よって日本においては、妊娠を望んでいるカップルの約10%が不妊症であるとされています。 不妊症は女性だけの問題ではなく、男性側に問題があるケースが約40%、女性側に問題があるケースが40%、両性に問題があるケースが15%、原因不明な場合が5%あるとされています。

不妊症は、パートナー同士理解し合いともに治療していくことが大切です。
当院では超音波検査やホルモン採血の検査を行い、超音波検査で卵胞の大きさを見て夫婦生活のタイミングを図ったり、漢方やホルモン剤を使用した治療を行っています。
当院は体外受精等の高度専門医療は行っていません。
専門医療機関に紹介する事もあります。